現代人に多い眼精疲労は食品で解消することを心掛けよう

男女

その疲れ目は大丈夫か

緑色のサプリ

いろいろな原因がある

最近は、パソコンやスマホの普及により、目を酷使する時代になってきました。その影響もあり、目が疲れやすい人、すぐ目が痛くなる人が増えています。睡眠や休養をしっかりとっても症状が改善されない場合は、眼精疲労の可能性を考えてみましょう。眼精疲労は眼疲労とはまた違います。放置してしまうと、めまいや肩こり、吐き気等の症状を起こしてしまうこともあります。また他の病気の可能性もあります。眼精疲労の考えられる原因は複数です。まず、使用しているメガネやコンタクトレンズに注目しましょう。度数はしっかり合っていますか。面倒に思うことがあっても、定期的に検査をして、自分の目にしっかり合ったものを使用するように心がけましょう。また、ドライアイも眼精疲労の原因の一つとして考えられます。パソコン等で目を酷使する人ほど気をつけた方が良いです。

原因を突き止める

他にさまざまな目の病気が眼精疲労を引き起こしているかもしれません。白内障や緑内障、斜視等が隠れていないか、定期的に病院に行って、確認することが大切でしょう。目の病気だけではなく、身体の病気の可能性もあります。風邪やインフルエンザで体力が弱っている時や、更年期障害や自律神経失調症、糖尿病、脳の障害等も眼精疲労を引き起こす要因となります。また眼精疲労は、精神的なストレスによっても、引き起こされると言われています。ストレスは、高血圧や血行不良だけでなく、いろいろな病気を招いてしまうのです。眼精疲労はたくさんの原因が重複することによって、目の負担が増え、なりやすいようです。そのため、眼精疲労を治すには、原因の一つ一つをしっかり考えて、改善に向けて対処していきましょう。