現代人に多い眼精疲労は食品で解消することを心掛けよう

男女

目も疲れています

パソコンと女性

どんな症状があるのか

仕事をして体が疲れた、ストレスが溜まったと心のケアなどをすることもあります。体も手足や肩などに疲労を感じることが多いのですが、近年は生活習慣や利用するツールも変わってきているので、目も疲れやすくなっています。眼精疲労という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、何となく目が痛い、しょぼしょぼとした感じがすると思っているだけのことも少なくありません。この眼精疲労はそもそもただ目が疲れているというだけではなくて、目を使った視る作業のし過ぎで体にも影響を与え、休息や睡眠を取っても回復しきれない状態になります。目の症状だけでなく体にも症状が出ると言われると驚くかもしれませんが、注意しておきたいポイントです。

改善するためには

眼精疲労は主に目の症状が多いのですが、体の症状まで引き起こすのは目が見えにくいために姿勢がおかしくなるなどして肩こりやその他の症状も起こるのだろうと考えられています。眼鏡やコンタクトを使っている人なら、度が合っているかどうか確かめましょう。そうでない場合には目の使いすぎを少しでも軽減すべく、作業に休憩を入れたり目薬を使うなどしてみて下さい。室内の乾燥なども目を乾燥させてしまいますから、適度な湿度を保てるように工夫していきましょう。運動も取り入れて体を動かしていくことや、睡眠時間をしっかりと確保してよく眠ることも眼精疲労の改善に効果的です。自分の目もたまにはゆっくりと休めていたわってあげるようにしましょう。