現代人に多い眼精疲労は食品で解消することを心掛けよう

白い服の女性

栄養摂取で目の疲れを回復

目の疲れ

食生活が大きく影響

パソコンなどのデスクワークが多い現代社会は、知らないうちに目を酷使してしまいがちな環境になっています。休んでも目の疲れがとれない、吐き気や頭痛がする、といった場合は眼精疲労である可能性が高いです。こうした眼精疲労は、食生活も関係しています。脂質が過多になりがちな食生活を送っている人は多く、これが血液をドロドロにし循環を悪化させます。視神経や目の周りの筋肉の血行も悪くなり、眼精疲労になりやすくなってしまうのです。また、ストレスなどから炭水化物や甘いものなどを摂り過ぎてしまう人は、血中の糖が多くなります。その結果、糖の代謝が体内で活発に行われます。この過程で活性酸素が多く発生し、これも目に悪影響を与えるのです。

サプリで摂りたい成分とは

このように眼精疲労の予防、改善のためには食生活を見直すことが大切です。それとともにサプリメントを積極的に利用することで、より眼精疲労に対して効果的な対策をすることができます。そこで摂取したい成分としてまず挙げられるのは、ナットウキナーゼです。納豆に含まれる酵素で、血液をサラサラにし、循環を改善してくれる特徴があります。そして、ビタミンC、ビタミンEもぜひ摂取したい成分です。これらは強い抗酸化作用を持っているので、活性酸素から目を守ることが期待されます。アルファリポ酸は体内のエネルギー生成能力を活発化、疲労回復をサポートしてくれます。疲れやすい生活を送っているハードワーカーは、特に摂取しておきたい成分になっています。

その疲れ目は大丈夫か

緑色のサプリ

最近は目の疲れやすい環境になり、多くの人が目を酷使している時代になりました。一晩ぐっすり休んでも目の疲れが取れなかったりする人は、眼精疲労の可能性があり、注意が必要です。いろいろな病気を招くことがある眼精疲労は、早めに原因を見つけて、対処していくほうが良いでしょう。

View Detail